第26回横浜開港祭 2007年6/1(金)6/2(土) 横浜開港祭会場:みなとみらい21地区、山下地区、新港地区、その他周辺

横浜開港祭
メニュー
メニュー
ご協賛のお願い
ハマー日記
開港祭親善大使日記
横浜開港祭携帯サイトへ
TOP > ニュース プレスリリース
ニュース
プレスリリース
第26回横浜開港祭 記者発表について  
報道関係 各位
横浜開港祭協議会
横浜市、横浜商工会議所
(財)横浜観光コンベンションビューロー(社)横浜青年会議所
横浜開港祭協議会 会長 齋藤 智範
横浜開港祭実行委員長  板橋 由紀
1981年にスタートし横浜市民の初夏の風物詩として定着した横浜開港祭が、今年も6月2日の開港記念日を中心に、1日、2日と2日間にわたって開催いたします。第26回目の横浜開港祭は、〜Thanks to The Port〜「開港を祝い 港に感謝しよう」のコンセプトのもと、「郷土愛」〜次なる時代に光り輝く子どもたちの笑顔のために〜を開催テーマに横浜港の誕生日を、市民の皆様に支えられながら開催させていただきます。
 1859年の開港以来、横浜港は経済・文化の交流拠点として、横浜の発展、日本の発展に大きく寄与してきました。2年後の2009年「開港150周年」に向けてのカウントダウン3年目の年として、更なる港の賑わいを創造し、横浜港の歴史を再認識しながら横浜市民の皆様と共に楽しみ、感動を共有できるお祭りとなるよう、今年も多くのイベントを企画しました。
 市内18区から子供みこしを集結させて、同じく18区から集った子供達に赤レンガ倉庫から臨港パークまでをパレードして頂く『子ども神輿DAわっしょい』。コンテナに子供たちの手で「幸せ」をイメージした絵やメッセージを描いて頂き、全世界中に港町横浜から発信させるイベント『ハッピーボックス』、ゴダイゴのボーカル、タケカワユキヒデさんと横浜市民1000人以上が歌で競演するドリーム・オブ・ハーモニー』、そして2日の夜のグランドフィナーレには、音楽とレーザー光線と花火がコラボレートする『ビ―ムスペクタクルINハーバー』などのイベントを多数準備しております。
現在横浜市内各所で、6月1日、2日に向け、横浜開港祭親善大使によるキャンペーン活動が行われています。
  第26回目となります横浜開港祭開催にあたり、下記の要項で記者発表を行いますので、記者の皆様にお集まりいただき、横浜開港祭の魅力をお伝えいただけますようお願い申し上げます。
日   時: 2007年5月24日(木) 14:00〜
場   所: 横浜市役所市政記者クラブ(横浜市役所2階)
発表内容: 横浜開港祭実行委員会による第26回横浜開港祭についてのブリーフィング
        マスコットキャラクター「ハマー君」によるPR
横浜開港祭ホームページ  http://www.kaikosai.com
メディア用素材ページ http://www.kaikosai.com/download/
お問い合わせは
横浜開港祭事務局 045-212-5511 広報渉外担当 田中・石澤・小堀まで
TOP
主催:横浜開港祭協議会
(横浜市/横浜商工会議所/(財)横浜観光コンベンション・ビューロー/(社)横浜青年会議所)
横浜開港祭実行委員会
事務局 〒231-0012 横浜市中区相生町1−18 光南ビル2F-B号室
TEL 045-212-5511(代) FAX 045-212-5510
横浜開港祭